ポイントカードシステム

ハウス・共通ポイントカードの仕組み|メリット・デメリット

point sumaho ka-do

ポイントサービスは「お店で発行して管理するハウス型」「加盟店となって参加する共通型」の2つの仕組みに大きく分けることができます。共通ポイントのメリットは、加盟店本部の影響力を得ることができ、管理も楽な点があげられます。

一方でハウスポイントは、独自で影響力を育てる必要がありますし、管理も全てお店側で行わなければなりません。その代わりとして、ランニングコストが抑えられるので、顧客満足度が得られやすいハウスポイントの人気が高いです。

※共通ポイントは、費用が掛かりすぎてしまうデメリットがあるため注意が必要です。利益を考えた上でポイントサービスを導入するのであれば、ハウス型がおすすめです。

共通・ハウスポイントサービス|それぞれの仕組み

point sumaho

  • 共通型について

共通型は、加盟店本部が提供するポイント発行システムに参加するサービスになります。共通型のメリットは、「加盟店側がポイント・顧客情報の管理をしなくて済む」ところにあります。またポイントサービスの仕組みについて理解しなくても始められる点も導入しやすい理由になります。

ですが共通型のデメリットは、ポイントサービスを運営する上での負担金が掛かりすぎてしまうことです。お客様に対して1ポイント支払うごとに1円、加盟店本部手数料1円、計1ポイント2円分の費用がかかります。※お店のポイント還元分は、加盟店本部側の負担になります。

また加盟店本部側で管理されている顧客リストは、途中で共通ポイントをやめてもお店側のものになりませんので、注意が必要です。

pointcard merit1

  • ハウス型について

ハウス型は、お店側でポイントと顧客管理を管理する仕組みになります。ポイントと顧客情報を自分で管理しながら運営していかなければなりませんが、その代わり費用を安く抑えられるメリットがあります。

ポイントサービスを自分で管理していかなければならないので、仕組みを理解しつつ運営する必要があります。ポイントサービスを長期的にしっかりと運営していきたいのであれば、ハウス型がおすすめです。

共通・ハウスポイントの費用|比較例

お客様がポイントを使ってもらえるお店であれば「共通ポイント」でも申し分ないと思います。ただし全体の80%以上のお客様にポイントを使っていただけないと、利用効果が期待できなくなってしまうので注意が必要です。

売上高300万のお店から見た|ハウス・共通ポイント導入の負担額例

point meritto1

売上高300万のお店の例

  • 月の来店数|1000人
  • 月の売上高|300万円
  • ポイント支払い|1%
  • お客様のポイント還元率|全体の60%

「共通ポイント」加盟店の場合

  • 初回カード負担:1000枚
  • ポイント支払い(2%):60,000円
  • ポイント還元(全体の60%):18,000円
  • 負担額|合計:60,000-18,000=42,000円

「ハウスポイント」発行店の場合

  • 初回カード負担:1000枚
  • ポイント支払い:0円
  • ポイント還元:18,000円

共通・ハウスポイントカード|まとめ

pointcard silyuruibetu

共通ポイントカードは大変便利な一方、お店の還元率が悪いと費用が掛かりすぎてしまうので注意しましょう。共通型を導入するのであれば、自分のお店でポイントを支払ってもらえるような環境作りが大変重要になります。

その点、ハウス型は自分で管理しなければならないところを除けば、失敗しにくいといえます。長期的にポイントサービスを導入していくのであれば、費用が安いハウス型がいいでしょう。

弊社でも、共通型よりもハウス型のポイントカードシステムをおすすめしております。

個店には、ポイントカードがオススメです!

お店側としては「できるだけコストパフォーマンス(費用)を抑えつつ、お客様に合わせたポイントサービスを導入したい」とお考えのはずです。

そんなお店側の2つの要望を叶えるのであれば「磁気カードを利用した機械1つで管理できるポイントカードシステム」の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。


ポイントカードシステム|シーズにお任せ

もし高齢者層の固定客が多いお店や個店を経営している方で、ポイントサービス導入について悩んでいるのでしたら、ぜひポイントカードシステムを独自開発しているポイントカードシーズにお任せください。

お問い合わせ

シーズのポイントカード|各種

-ポイントカードシステム

© 2020 ポイントカードシーズ